お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2019.04.17ブログ

平成最後の・・・



先日、毎年恒例となっています『春季 華の追悼会』を

無事に終了いたしました。

平成20年から始めましたペットの追悼法要ですが

今回も70余名のご参詣がありました。

 

この法要を始めた頃とは世の中の様子、とりわけ

葬送儀礼にかかわる向き合い方も大変変わりました。

これは人間の仏事のみならず、

ペットの仏事にも言えることです。

 

人間については年々簡素化が進んだ感がありますが、

逆にペットについては思い入れが深まるばかりです。

 

家族の中のペットの存在は大きくなったからでしょう。

当然ながら、ペットも生きとし生ける“いのち”ですから

必ず別離がやってきます。

 

その尊い“いのち”を感じるがための法要なのです。

今回5年ぶりに参詣者の方々の思いに寄り添うことが

できればとアンケートに協力していただきました。

 

結論から言えば、寺院の本堂で執り行う法要については

●心が落ち着く

●心の区切りとなる

●お寺や仏教を身近に感じるようになった

など、有難く好意的に受けていただいたようです。

 

逆に火葬業者など一部の関連会社に対しては、

ペット事業を営利的に利用しているのではとの

厳しい声も聞かせていただきました。

 

平成最後となった今回の『華の追悼会』、

令和を迎えるにあたり、心新たに“いのち”の尊厳や

お寺や仏教が少しでも多くの方が身近に感じて

いただけるようこのアンケートからエールを

いただいた感じがします。

 

先ずは一歩ずつ!

 

南無阿弥陀仏
浄土真宗本願寺派 須原山 正福寺

お問い合わせ

365日24時間受付、
お気軽にお問い合わせください。