お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2020.10.27ひとりごと

2020プロ野球ドラフト会議



2020プロ野球ドラフト会議が昨日開かれた。

今年はコロナ感染拡大防止のため、各種目の全国規模の大会・リーグ戦が縮小されたり中止になったりと…

選手が活躍する場がことごとく失われ、特に最終学年の選手たちは次の進路を目指すにも多少なりとも戸惑いがあったに違いない。

アマチュア野球もしかりで、プロ野球の世界を目指す選手は気の毒ではあるが、プロ野球の各球団のスカウトの方も同様だろう。

選手を見極める場が少なかった故に球団のスカウトの眼力がもろに問われる年になるかもしれない。

数年後の選手たちの活躍に注目したい。

 

さて今年の注目選手は、近畿大・佐藤輝明選手、早稲田大・早川隆久投手。

両選手ともに4球団競合の結果、佐藤選手は阪神タイガーズ、早川投手は楽天イーグルスがそれぞれ交渉権を得た。

以下、今年は12球団で支配下指名74名、育成指名49名、合計123名のプロ野球選手が誕生した。(入団拒否しなければ)

指名のあった選手やそのご家族、また関係者の皆さまおめでとうございます。

 

同時に100余名のプロ野球選手誕生の裏には、同数程度の引退・戦力外・自由契約の選手が今年もいるわけである。

讀賣巨人・岩隈久志投手

阪神・藤川球児投手

東京ヤクルト・五十嵐亮太投手

広島・石原慶幸捕手

楽天・渡辺直人選手

 

以上の選手たちは、球団が引退記者会見の場をセッチングされたひと握りの恵まれた待遇の選手である。

ほとんどの選手は新聞のスポーツ欄の片隅の一行の告知のみだから…

プロ野球選手の選手寿命は平均7~8年といわれている。

現役中もアスリートの厳しい世界に身を置き、現役を去る時も何ともはかない。

同時にその後の第2の人生も気になる。

 

今季も終盤に差し掛かり、優勝チームも見えてきたこの時期にスポーツ欄の片隅の一行に人生の悲哀を感じる。

 

南無阿弥陀仏

 

 

 
浄土真宗本願寺派 須原山 正福寺

お問い合わせ

365日24時間受付、
お気軽にお問い合わせください。