お知らせnews

西新宿 彩旬亭

2020.07.24ひとりごと

どうなる東京五輪!



今日は、令和2年7月24日…

 

本来であれば本日、メイン会場の新しい国立競技場にて東京五輪の開会式が予定されていた。

しかし残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大の配慮から一年延期になったのは皆さんご承知のとおりである。

そんな現況下において昨日、白血病から競技復帰を目指す競泳女子の池江璃花子選手が世界中にメッセージを発信している姿をテレビで観た。

真っ暗なスタジアムに純白の服で降り立ち、ひと筋の光を浴びて聖火のランタンを掲げると照明が点灯。

東京の夜空を照らしながら、彼女のスピーチが始まった。

「1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなにすてきだろうと思います」

療養中である彼女からの一心に願いを込めた言葉だけに、そのひとこと一言が心に沁みる。

TOKYO2020

「今日、ここから始まる1年を単なる1年の延期ではなく『プラス1』と考える」

 

この度の東京五輪開催についてだけではなく、未来志向で前向きな考え方でなければとつくづく感じた。

世の中は日本経済と感染防止を天秤にかけながら、歩むべき道を模索中というのが実情である。

確かに非常に難しいバランス感覚を求められるかもしれないが、できない理由を探すより、できる方策を見出せるように何とかポジティブ思考を願うばかりだ。

 

正直東京五輪開催には、たくさんの越えなけばならないハードルもある。

だからこそ、逆境からはい上がっていく時には、どうしても、希望の力が必要だということだ。

希望が、遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる。

それがスポーツのもつ大きな影響力かもしれない。

 

私も池江選手の姿を観て安堵し、勇気と希望をいただいた。

ありがとうございました。

 

南無阿弥陀仏
浄土真宗本願寺派 須原山 正福寺

お問い合わせ

365日24時間受付、
お気軽にお問い合わせください。